ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  >  トロント旅行 > カーサ・ロマ(Casa Loma)


  カーサ・ロマ(Casa Loma)  

ナイアガラ滝の水力発電などの事業で富豪になったヘンリー・ミル・ペラットが、トロント郊外の丘陵地に1991から3年かけて建築した豪華な大邸宅。
カーサ・ロマには98個の部屋があり、内装や家具類も非常に豪華にできている。しかしヘンリー・ミル・ペラットは1923年に破産してしまい、この邸宅には10年足らずしか住めなかった。
カーサ・ロマは地下鉄デュポン駅を降りて地下鉄に沿ってまっすぐ北に歩き、突きあたりに石の階段があるのでその階段を上っていく(すこしわかりにくい)。
受付で日本語のオーディオガイドを貸してくれるので、見て周っていてもよくわかる。案内図も日本語のものをくれる。時間はたっぷりあるので、ゆっくり見て回った。
地下にレストランがあるので、そこで昼食をとった。


博物館の入口。
中世の古城のような外観がみごと。



ヘンリー・ミル・ペラットの写真



図書室 (Library)
約1万冊の蔵書があった。ヘリングボーン樫材の床は
見る方向によって濃淡が異なって見える。



ダイニングルーム (Dining Room)




朝食室 (Breakfast Room)
後に配膳室になった。



建物の東端にある温室
床はイタリアの大理石、壁はオンタリオの大理石。



スチームパイプで部屋を温める(温室)




温室の天井は、イタリアン・ステンド・グラスになっている。
ブドウと鬘のデザイン。



ピーコック・アレイ (Peacock Alley)
ウィンザー城の通路をまねて造られた。



サー・ヘンリーのスイート (Sir.Henry's Suite)




サー・ヘンリーの浴室のシャワー
上からだけでなく、体の周囲からもシャワーが出る。



レディ・ペラットのスイート (Lady Pallatt's Suite)
彼女はウェッジウッド・ブルーの色が好きだった。



ここもレディ・ペラットのスイート




使用人が使った階段
見えにくいところに設けられている。



使用人の部屋 (Servant's Room)
使用人にも立派な部屋をあてがった。




クイーンズ・オウン・ライフル展示室
サー・ヘンリーは、クイーンズ・オウン・ライフル(カナダで
最も古い連帯)の献身的なサポータであった。



タワーに上る階段 (Stairs to Towers)



タワーの最上階。



タワーからトロント中心部が遠くに見える。
CNタワーも見える。



タワーから見たカーサ・ロマの屋根




ウィンザー・ルーム (Windsor Room)
ロイヤル・ファミリーを迎えた部屋。



ラウンド・ルーム (Round Room)
タワーの下に位置する円形の部屋。



ナポレオン・ドゥローイング・ルーム




地下にあるスイミング・プール (Swimming Pool)
金まわりが悪くなり、遂に完成しなかった。



テラス



テラスの前はゴシック様式の庭園になっている。



庭園にある噴水



庭園から見たカーサ・ロマ



カーサ・ロマに隣接してスパダイナ博物館がある。
庭園がすばらしいらしいが、残念ながら休館日であった。



カーサ・ロマ(Casa Loma)  おわり


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  >  トロント旅行 > カーサ・ロマ(Casa Loma)