ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > トロント旅行 > ロイヤル・オンタリオ博物館(ROM)


  ロイヤル・オンタリオ博物館(ROM)  

ROM (Royal Ontario Museum) と呼ばれているカナダ最大規模の博物館。さまざまな分野の大規模なコレクションに圧倒されるが、何といっても恐竜の骨格標本が並ぶダイナソー・ギャラリーが圧巻である。各ギャラリーの配置が少しわかりにくいので、同じ所へ何度も来てしまうことがあった。入館時にくれる VISITOR GUIDE をよく見て回らないと見逃すものが出るかもしれない。地下にセルフサービスのランチ・ルームがあり、そこで昼食をたべた。 
ROMは地下鉄 Museum で下車するとすぐ目の前。




水晶をモチーフにした斬新なデザインの博物館入口。





恐竜 (Dinosaurs)  2階
恐竜の化石が所狭しと展示してあり、一番人気がある。


ハドロサウルス
大型草食恐竜



マンモス




ティラノサウルス・レックス
最強の肉食恐竜。映画のジュラシック・パークで人気。




バロサウルス
全長23〜27mもある草食恐竜。
大きすぎて横側からではカメラの画角に入らなかった。



グリプトドン
アルマジロに似ているが全長が3mもある。

上: モササウルス 海生のオオトカゲ。8m〜10m。
下: プリオサウルス。海生爬虫類.



高円の宮ギャラリー(Prince Takamado Gallery of Japan) 1階
日本関連の展示室。故高円宮殿下は、学生時代カナダのクイーンズ大学に留学され、それ以降カナダとの交流促進に尽力された。
高円の宮の功績を称えて「高円の宮ギャラリー」と名ずけられた。
ROMは約6000点の日本美術品を所蔵する博物館らしいが、常設展示セクション「高円寺ギャラリー」にある展示物は数が少ない。


豪華な蒔絵を施した駕篭



歌川広重の江戸百景



佛像




日本の陶磁器



中国 (China)  1階
中国以外では、世界で最大級の中国のコレクションを保有している。


亜羅漢坐像 11世紀
(Matthews Family Court of Chinese Sculpture)



木製の菩薩像とお寺の壁絵(元王朝時代)
(Bishop White Gallery of Chinese Temple Art)



明朝の墓
(Gallery of Chinese Architecture)




家族で墓にお参りするときに使った木製の馬車
(Gallery of Chinese Architecture)



鉱物 (Minerals)、宝石 (Gems)  2階

展示室の様子



重昌石 (Barite)



白鉛鉱(セルサイト、Cerusite)
カットされたセルサイト(世界で最大、896カラット)



砂岩 (Sandstone Concretion)
小さい石英の結晶が集まって自然に形成されたもの。



アメジスト (Amethyst)




スターサファクィア (Star Sapphire)
193カラット。The Star of Lanka と命名されている。



オパールの彫刻 (Opal)
Dream Cloud




ショーケースには宝石がいっぱい展示されている。




先住民 (First Peoples)  1階
カナダの先住民の衣服や工芸品などが展示してある。


先住民が作ったビーズの刺繍



先住民が着ていたパーカ(毛皮のジャケット)



階段沿いに設置してある巨大なトーテムポール。
北米の北西沿岸一帯に住む先住民が作っていたもの。





鳥 (Gallery of Birds)  2階

ハチドリ (Hummingbird)
鳥の中で最も小さい。




ロイヤル・アルバトロス(Royal Albatross)
巨大なアホウドリで、羽を広げると3mにもなる。



ロイヤル・オンタリオ博物館(ROM)  おわり


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > トロント旅行 > ロイヤル・オンタリオ博物館(ROM)