ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > トロント旅行 > サウザンド・アイランズ・クルーズ (Thousand Islands Cruise)


  サウザンド・アイランズ・クルーズ (Thousand Islands Cruise)  

セント・ローレンス川の島々を巡るサウザンド・アイランズ・クルーズには、キングストン(Kingston)発とガナノクェ(Gananoque)発があるが、今回はガナノクェ発にした。
1時間クルーズと2.5時間クルーズがあるが、アメリカ側に入って、人気のボルト城を見ることができる2.5時間クルーズに乗った。
残念ながらずっと曇り空だったが、晴れていたらもっと綺麗な景色だったろうに。
ちなみにサラダ・ドレッシングのサウザンド・アイランドは、このサウザンド・アイランズに由来する。



クルーズ発着場の近くの建物でチケットを購入。




ガナノクェ発クルーズの発着場
いま船が着いたところ。



出航



船のデッキ



船内の様子



カヌー・ポイント・アンド・ピクニック・ポイント
ここからは米国領になる。



船内にはディスプレイがあって、船の位置をリアルタイムに
表示し、同時に音声で観光案内してくれる(英語だけれど)。



いっぱいある小島には、ほとんで別荘がある。




アメリカの旗を揚げた家
自分の家がアメリカとカナダのどちらに属すかを
示すため、国旗を掲げている別荘がときどき見られた。



碇の目印をつけた島





アメリカ側の サウザンド・アイランズ・ブリッジをくぐる。
アメリカとカナダは、二つの橋で、つながっている。



こんな観光船もあった。




ボルト城 (Boldt Castle)
1900年頃、ニューヨークのホテルの経営者ボルトが妻のために
建てたお城。 船着き場があって、上陸するクルーズもある。



Power House (発電所)





Entry Arch
ゲスト用の正式入口だった。



Playhouse
リクレーション用の建物。



ここからまたカナダ領に入る。



カナダ側のサウザンド・アイランズ・ブリッジをくぐる。



カナダの河岸沿いの別荘


クルーズの発着場に戻った。

サウザンド・アイランズ・クルーズ (Thousand Islands Cruise)  おわり


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > トロント旅行 > サウザンド・アイランズ・クルーズ (Thousand Islands Cruise)