ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 角島大橋、角島灯台


  角島大橋、角島灯台   


(2008年10月23日)
 バスツアーで人気の角島(山口県)に行きました。秋吉台の景清洞と角島を訪れる読売旅行の日帰りコースです。バスツアーの参加者はふつう中年が多いのに、このコースはなぜか若い女性も多かった。角島は若い人に人気がある?
 あいにく朝から雨だったが、景清洞と角島に着いたときは晴れとはいかないまでも、たまに日がさして、なんとか雨は降らなかった。
 秋芳洞や景清洞は何度か行ったことがあるし、とくに景清洞は何の面白みも無い洞窟なので特に印象なし。
 角島は初めてなのでよかった。浜辺のめずらしい花も咲いていた。晴れていたら海の色がすばらしいだろうにと、少し残念。
 

角島と角島大橋が見えてきた。
角島大橋は、無料の橋としては日本で2番目に長い橋だそうだ。



橋の下の海の色が青くてきれいといわれても、曇り空なのでいまいち。
今日は、バスの窓ガラスが青みがかってているので青いのでは?



角島灯台。明治9年に完成した高塔形式の灯台。
高さは約30m。イギリス人の設計、工事指導で立てられた。



灯台のレンズ部分。

灯台から西方面を見た展望。



灯台から北方面を見た展望。



灯台から東方面を見た展望。
映画「四日間の奇跡」のロケで使用された礼拝堂がそのまま残されている。
ただし、この礼拝堂は公衆トイレをセットで覆ったものだそうで、
今は公衆トイレとして利用できるそうです。トイレが礼拝堂とは・・・




ツワブキ(石蕗、艶蕗、キク科、花期:10〜12月)
灯台がある角島灯台公園一帯には、浜辺の花が咲いていました。
ツワブキは今が盛りらしく、島のあちこちで見かけた。




ハマユウ(浜木綿、ヒガンバナ科、花期:7〜9月)
花期は終っているが、まだ咲いているのがあった。
別名はハマオモト(浜万年青)。



ハナイソギク(花磯菊、キク科、花期::10〜11月)
ハナイソギクはイソギクとイエギクの交配雑種。
舌状花が短く、葉形もイソギクとイエギクの中間。



サトイソギク(里磯菊、キク科、花期::10〜11月)
舌状花が黄色いハナイソギクは、サトイソギクというようだ。



舌状花が長いハナイソギク。




ダルマギク(達磨菊、キク科:花期:9〜11月)
色は、白花、薄紫色、やや濃い紫色と変化する。



海士ケ瀬公園(あまがせこうえん)から見た角島大橋
角島大橋から本土側に渡ったところに海士ケ瀬公園があり、
角島大橋の絶好のビューポイントになっている。


角島から美祢ICへ戻る途中のバスの中から。
豊北町付近で、風車がたくさん見えた。
山口県のガードレールはナツミカン色。
( 夏みかんは山口県の特産品。1963年の山口国体のときに
当時の知事が決めたとのことで、いまでもナツミカン色が標準 )
(おわり)

   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 角島大橋、角島灯台