ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > トルコツアー(全食事付き 9日間)


 トルコツアー(全食事付き 9日間) 


(2009年5月)
 阪急トラピックスの「開設20周年記念全食事付トルコツアー9日間」に参加しました。期間は5月24日から6月1日までです。新聞に大々的に載った広告を見て、とにかく安いので半分衝動的に申し込みました。
大昔に見たトプカピという映画(トプカピ宮殿に展示してある短剣を盗む犯罪コメディ)で、イスタンブールのすばらしい風景と、宝石を散りばめた短剣の印象が強く残っていたこともあります。
 ところが出発日が近づくとブタインフルエンザで大騒動。考えたすえ、自宅(福山市)から関空まで自家用車で行き、空港にある日航関空ホテルに前泊することにしました。
ホテルでも関空でもマスクをした人がほとんどで、どうなることかと心配したが、トルコについてしばらくするとツアー参加者が皆マスクを外し、そのうちインフルエンザのことなど忘れてしまって、結局誰も感染せず、全員何事も無く無事に帰れたことが何よりもよかった。

ツアーの参加者は32人で、ほとんどが定年前後の夫婦。他に女友達が2組いました。男友達というのはないなあ・・・
旅慣れた人が多く、トルコは3回目という人もいました。とにかく安いのでという人が多かった。
雨の心配がほとんど無く、澄み切った晴天続きで、広大な平野、カッパドキアの奇岩群、ボスボラス海峡クルーズ、大規模な古代遺跡など、どれも満足いくものでした。現地ツアーは、DORAC TOURS というツアー会社が委託されていたようで、そこのバスに乗って、そこのトルコ人のガイドさん(32歳の独身男性。アンカラ大学で日本語を学んだエリート)が最初から最後まで案内してくれました。トルコの生活習慣、トルコの歴史なども詳しく説明してくれ、商売とはいえなかなかの博学で感心しました。
 ツアーの食事は値段相応だったが、ホテルは一流ではないが悪くもなく、満足でした。

トルコツアー9日間の見たまま、聞いたままを載せました。また、ツアー中よくわからなかったことも多いので少し調べてみました。
ツアーのコースは次の通りです。リンク文字をクリックすると、そのページへジャンプします。
     
1日目 関空集合 (7:30)
     関空(9:30) → インチョン空港(大韓航空)(11:20)、  インチョン空港(14:20) → イスタンブール空港(大韓航空)(19:50)
     イスタンプール空港 → ホテル (ユーロプラザホテル) 
2日目 イスタンブール → トロイ (約345km) イスタンブールからヨーロッパ側に行き、ゲリボル港からフェリーでアジア側に渡ってトロイに行く。
     トロイ遺跡 観光
     トロイ → アイワルク (約150km)
     アイワルクのホテルに宿泊(ハリッチパーク・ホテル)
3日目
 アイワルク → エフェス (約250km)   途中でトルコ石の店に寄る。
     エフェッソス遺跡観光、アルテミス神殿跡 観光 
     エフェス → パムッカレ (約185km)   途中で革製品の店に寄る。
4日目 石灰棚とヒエラポリス遺跡 観光
     パムッカレ → コンヤ (約410km)
     メブラーナ博物館、カラタイ神学校 観光
     コンヤのホテルに宿泊(デュンダルホテル)
5日目 コンヤ  → カッパドキア (約230km)  途中でキャラバンサライ(隊商宿)に寄る。
     カッパドキアの洞窟レストランで昼食
     カッパドキア観光
        パシャバ(キノコ岩)
        展望台
        ウチヒサール(岩山の要塞)
        カイマルク地下都市
     ミニハイキング(愛の谷)
     カッパドキアのホテルに宿泊(イルトゥク・ホテル)
6日目 ギョレメ野外博物館 観光
     洞窟住居に住む一般家庭訪問(オプション)
     トルコ絨毯の店
     洞窟ホテルで昼食
     テヴレント(ラクダ岩) 観光
     洞窟ホテルで昼食
     陶器の店
     カッパドキア → アンカラ (約310km)
     アンカラ城跡、アタチュルクの霊廟 をチラッと見る。
     アンカラのホテルに宿泊(スルメリアンカラ・ホテル)
7日目 アンカラ → イスタンブール (約450km 高速道路)
      ブルーモスク 観光
      ボスフォラス海峡クルーズ(オプション)
     グランドバザールで買い物
     オリエント・エクスプレス・レストランで夕食
     イスタンプールのホテルに宿泊(ユーロプラザホテル)
8日目、9日目 
      午前中自由行動
        ホテル → タクシム広場 → テュネル(トラム)      
        ガラタ塔 観光
        ガラタ橋の下を歩く
      11:00 ホテルに集合
      新市街の中華レストランで昼食
      トプカピ宮殿 観光
      トプカプ宮殿 → イスタンブール空港
     イスタンブール空港(21:20)  → インチョン空港(大韓航空)(13:10)
      インチョン空港(14:15) →  関空(大韓航空)(16:00)
     
【 トルコで感じたこと、知ったこと 】
中近東というイメージはなく、トルコ人も西洋のほうを向いている(トルコの東部のことはわからないが・・・)。
 サバクは無く広々とした平野が多い。面積は日本の2倍。
 トルコの農作物は100%自給自足だそうだ。特にエーゲ海や地中海側は雪が降らないので野菜や果樹の栽培が盛ん。
 イスタンブールを始めとしてあちこちに紀元前からの古い遺跡があり、今もその歴史が息づいている。
 ボスフォラス海峡、マルマラ海、エーゲ海など、とにかく景色がきれいでエキゾチック。
 歴史的に非常に親日的である。トルコ人も日本人のように蒙古斑があり、祖先が共通だという人もいるらしい。
 カッパドキアの大自然はとにかく見ごたえがある。
 高速道路は少ない。トルコでは高速道路を作るのをやめ(金がかかるので)、主要道路を全部片道2車線にする工事を進めているそうだ。
 電車や地下鉄は少ないのでの、バスでの移動が主体になる。
 
【 違和感を感じたこと 】
 イスラム教のコーランが真夜中にでも聞こえてくる。
 交通は車優先で横断歩道が少なく、トルコ人は車の流れの中を何気なく横断しているが、慣れないと怖い。
 トルコ式トイレの使い方ができそうにない。(左手で尻を拭く)
 水が日本人には合わない。飲み水はミネラルウオータで何とかなるが、水洗いした野菜を食べるのがおそるおそるになる。

カッパドキアのウチヒサールにある岩山の要塞跡




【 食事の野菜について 】
添乗員さんから生水を飲まないのは当然として、生野菜もあまり取らなようにと注意された。野菜は水で洗うのでお腹をこわす人があるとのことでした。実際、今回も何人かがやられたようです。よりによって添乗員さんまでやられ、生野菜は食べていなかったのにこんなことは初めてだと言われていました。包丁が原因かもなどといわれると、何も食べられなくなる。おいしそうなトマトやきゅうりがいっぱい出てくるのに、いつもおそるおそる少しずつ食べていました。そんなの、気の持ちようで大丈夫という人もいたけど、とにかく食あたり(水あたり?)には要注意です。

トルコツアー 1日目へ

ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > トルコツアー(全食事付き 9日間)