ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > トルコツアー(全食事付き 9日間) > 5日目


  トルコツアー(全食事付き 9日間)  

   5日目   


 いよいよ今日は期待のカッパドキアだ。バスは長いが楽しみ。



コンヤ → カッパドキア

シルクロードを通ってカッパドキアまでバスの旅。
シルクロードの途中、キャラバン・サライ(隊商宿)で休憩。
 
真夜中にコーランが間近に聞こえてきた。
朝起きてホテルの窓から外を見てみると、真正面にモスクがあった。
ムービーで録音しました。
下をクリックするとサウンドがでます。(MP3ファイル)

ブラウザがIEの時  

ブラウザがIE以外の時    再生

デュンダルホテルを出発
シルクロード
バスはまっすぐなシルクロードを延々とひた走る。


キャラバンサライ(隊商宿)の町
途中でスルタン・ハンにあるキャラバンサライ(隊商宿)に寄る。町に入ると、なんと車道に絨毯が敷いてある。歓迎の意味だそうだ。


キャラバンサライ(隊商宿)の建物
隊商はここで、休息や宿泊をした。


コウノトリ
ふたたびバスの旅。広い平原にコウノトリを時々見かけた。


途中バスがパトカーに止められた。 スピード違反?
ガイドさんは単なる検問で、何も無かったといっていたが・・・


トルコ富士
アルジェス山がはっきり見えてきた。トルコ富士と呼ばれている。



洞窟レストラン「BORA」で昼食
カッパドキアに着いた。まずは洞窟レストランで昼食。魚料理は美味しかったが、別のツアーも入ってきてせわしかった。
日本人ツアーによく合うが、日本人ツアーの観光パターンは決まっている為で、観光客全体の2%ぐらいしかないそうだ。


洞窟レストランの内部
添乗員さんが飲み物の値段をみんなに説明しているところ。ビールが7〜9トルコリラぐらいだとわかってきた。



パシャバ

待望のカッパドキア。
最初に行ったのは、一面にキノコ岩が立ちならぶパシャバ。



キノコ岩のオンパレード

キノコ岩になる前はこんな山
柔らかい溶岩の上に固い溶岩が堆積し、そのあと先に柔らかい溶岩が侵食されてキノコ岩ができる。


礼拝所
はしごを上ったところに礼拝所がある。


礼拝所の中のフレスコ画



高台からの眺め



観光用のラクダ
ラクダに乗って写真を撮ることができる。(有料)

パシャバの駐車場
道路を隔てて土産店があり、絨毯などを売っている。




展望台

カッパドキアの奇岩の海が一望できる。
 

バスに乗って展望台へ。車窓からの風景。



展望台から
一面に奇岩の群れが見える。



展望台から


伸びるアイス
展望台の広場で売っていた。ラン科の植物の根から取る粉を混ぜると伸びるようになるらしい。アイスを伸ばしているところ。何回も伸ばすと柔らかくなりすぎるので見るのは一回限り。
トルコ風ズボン
お土産の店にこのようなズボンを売っていた。シャルワール?




ウチヒサール

最も高い位置にある岩窟住居。


ウチヒサールとは、「3つの要塞」の意味。



岩窟住居のあと
1960年代まで人が住んでいた。



ここにも観光用のラクダがいた。


駐車場横の道路沿いには土産物屋がずらり。



車道の反対側にある山の形も面白い。





カイマルク地下都市

 キリスト教徒がアラブ人の迫害から逃れるため多くの
地下都市を造ったが、その最大規模のもので、
この中に約3000人が住んでいた。

地下都市の構造
地下8階まであるが、見学は地下4階まで。
都市の下に地下水があるので水には困らなかった。



地下都市の入り口



オイルランプを使用した跡



倉庫



狭い地下室の一室で説明するツアーガイドさん



ワイナリー
ブドウを砕く石。



ワイナリ
ここに貯蔵した。



石の扉
敵ガ進入したときに閉める。
駐車場付近
駐車場から地下都市入り口まで土産物店がいっぱい。




ミニハイキング(愛の谷)

 


愛の谷のミニハイキングは、30分ほど。


愛の谷! 見ればわかる。
子供ができない時、ここに来るといいらしい。
人が住んでいる岩窟住宅
この岩家には人が住んでいるらしい。けっこうはやっているそうだ。


イルトゥックホテル
今日の観光も終わり、アヴァノスにあるホテルに着いた。

ホテルの部屋の窓から
夕日に映える奇岩がすばらしい。

トルコツアー 4日目へ トルコツアー 6日目へ トルコツアー 目次へ


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > トルコツアー(全食事付き 9日間) > 5日目