ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > トルコツアー(全食事付き 9日間) > 6日目


  トルコツアー(全食事付き 9日間)  

   6日目   


カッパドキアの2日目。


ギョメレ野外博物館

この付近に住んでいたキリスト教徒が、7世紀頃からイスラムの迫害を受けるようになり、岩を掘って礼拝所、修道院、住居などを作った。その中心となった場所がギョレメ。
気球ツアー
朝起きると、気球がたくさんあがっていた。カッパドキアでは気球ツアーが盛んらしい。


 
入り口付近
ギョメレ野外博物館の入り口付近から見たところ。


入り口のゲート
世界遺産の入場口は、全部このようなゲートに統一されている。


約30の礼拝所が公開されていて、多くのフレスコ画が残っている。


初期に描かれた簡単なフレスコ画
真ん中右よりに簡単な形の十字架が見える。岩に漆喰を塗ってその上に画を描いた。


新約聖書を持ったイエスキリスト
左はマリア、右は洗礼者ヨハネ。


リンゴの教会
天使が左手にリンゴを持っている。 昔、この教会の前に大きなリンゴの木があったので、リンゴの教会と呼ばれている。


十字架のイエスキリスト
昔は文字が読めない信者が多かったので、神父はこのような画を見せながら説教した。キリストのすぐ左は聖母マリア。十字架の左上に月、右上に太陽が描かれている。


このような礼拝所がたくさんある。
フラッシュ禁止
ヘビが描かれていた部分が、カメラのフラッシュで消えてしまった。洞窟内はフラッシュ禁止なのですべてムービーで撮影したが、実物はもう少し鮮やかでした。


コンスタンティヌス皇帝
右はコンスタンティヌス皇帝で、初めてキリスト教を公認した。右手に持っているのはギリシャ正教の十字架。


男になった売春婦
キリスト教に改宗して売春婦をやめた女性が、美人だったためによく男に狙われた。そこで男性に変えてくれるよう神にお祈りしたら奇跡が起こった。この人物像にはあごひげと乳房が描かれている。


壁画に書き込んだ落書き
出入り口上部に、心無い観光客が書着込んだ落書きが残っている。タナカの名前もある?

ハシゴを上って礼拝所に入るところ。



祭壇に描かれたイエスキリスト。


サンダル教会
皆サンダルを履いているので、サンダル教会と呼ばれている。


キリスト誕生の場面
キリストの誕生を馬と羊が見ている。



食堂の長い食卓



このように並んで食事をした。





ギョメレ野外博物館に咲いていた山野草

日本ではあまり見かけないような山野草がいろいろ咲いていました。名前はわかりません。





ケシの種類











洞窟住居に住む一般家庭訪問

TBSの『ウルルン滞在記』で竹内結子が3日間泊まった家を訪問。手作りのケーキとチャイ(トルコ・ティー)をご馳走になった。


洞窟住居の全景
今はハッサン夫妻が住んでいる。


住居の入り口
もともとはお祖父さんが購入したそうだが、今は国のもの。そのため、勝手に家に手を加えることができないらしい。5階まであるが、1、2階を使っていて上の階は倉庫。


ハッサン夫妻とツアーガイド(右端)
子供は2人、孫は4人で、今は町に住んでいる。



手織りの絨毯
奥さんが織った絨毯。 糸は羊の毛を紡いでつくり、
ご主人が山で取ってきた草木で染める。


ナザール・ボンジュウ
玄関の入り口の上には、ナザール・ボンジュウ(魔除けの目玉)がぶら下げてある。



見送ってくれるハッサンの奥さん。








トルコ絨毯の店

カッパドキアは絨毯の産地。
有名ブランドの名前の一つ 「ヘレケ」 を覚えさせられた。

絨毯織りの実演
織り子は、絨毯が売れてからお金をもらう。


2重結びが特長
トルコ絨毯の結び方の特長は2重結び。裏表に同じ絵柄が現れるので両面使える。


日本語ペラペラの説明員
たくみな日本語で、糸の60%は天然染めでこれはタバコの葉から、ピンクは玉ねぎの皮、緑はお茶の葉、赤はグミの枝、黄はサフランなどと、冗談を交えながら早口に説明する。


空とぶ絨毯をあやつる男
絨毯を投げて着地点まで正確に飛ばす。
トルコ絨毯の良さをとうとうと説明
一通り説明が終わると、どこからか大勢の売り手が出てきた。マンツーマンでの売り込みのしつこいこと。



絨毯のみごとな模様(その1)


絨毯のみごとな模様(その2)




昼食

UCHSAR KAYA 洞窟ホテルで昼食。洞窟というより洞窟風につくったホテル。このホテルからの眺めは、とてもすばらしい。


ウチヒサールカヤ洞窟ホテルの入り口。



ホテルの概観。



メニューは野菜と肉の煮込み料理。



遠くにトルコ富士がきれいに見えた。


ウチヒサールの要塞がすぐ近くに見える。




テヴェレントのラクダ岩

 カッパドキアでの奇岩の見納めはラクダ岩。


ラクダ岩
駐車場から道路を隔てたすぐ前にある。


テヴェレントの駐車場
バスの後にナポレオンの帽子に似た岩が見える。

この付近は人が住みつかなかったので、岩に穴があいていない。



カッパドキアから首都アンカラへ

カッパドキアのアヴァノスは陶芸の町。
ホテルの近くの陶器の店に寄ってからアンカラへ移動した。
 


陶器の店


店の中はきれいな陶器製品がぎっしり陳列してある。


バスの中から見る風景
民家の屋根には、大抵このような太陽熱温水器が付いている。


昔ながらのトイレ
このような和式トイレに似たトルコ式トイレも時々ある。使い方が良くからなかったので、帰国後調べてみるとだいたい次のようである。日本式と違ってドアに向かって座って使用する。用を足したあとはバケツに水を入れて左手で尻を洗う。流すのは水洗式が多いが、そうでない場合はバケツの水を流す。紙はふつう使わないが、汚物入れがおいてある場合は拭いた紙をそこにすてる。紙を便器に流すと詰まることがある。
左手は不浄の手!


カマン・カレホユック遺跡(バスの中から)

三笠宮崇仁親王が発掘調査に尽力されており、カマン・カレホユック考古学博物館、三笠宮記念庭園、アナトリア考古学研究所がある。

アンカラ城塞
高い丘の上にある。 戦闘の拠点としてローマ時代から作ったり破壊されたりしている。現在は城壁だけが残っている。


アタチュルク廟
トルコ建国の父であり、初代大統領でもあるムスタファ・ケマル・アタチュルクが眠る霊廟。



首都アンカラの旧市街のバス停
仕事が終わって帰宅する人々。


アンカラでの今日のホテルはここ。

トルコツアー 5日目へ トルコツアー 7日目へ トルコツアー 目次へ

   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > トルコツアー(全食事付き 9日間) > 6日目