ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > トルコツアー(全食事付き 9日間) > 7日目


  トルコツアー(全食事付き 9日間)  

   7日目   


 今日は、アンカラからイスタンブールに戻る。これでトルコの西半分を一周したことになる。


アンカラ → イスタンブール
  
トルコ第2の都市からトルコ第1の都市へ(450km)。


ホテルを出るとすぐにバスで移動。高速道路がとても快適。


イスタンブールに近づくと車の洪水。さすがに人口1200万人の大都市。


ボスフォラス海峡が見えてきた。プールのある家は別荘。
旧市街のレストラン「SUR」で昼食。
キョフテ
キョフテはケバブと並ぶトルコ料理の代表的なもので、ミニハンバーグのようなもの。




ブルーモスク

オスマントルコのアフメット1世がつくった。1616年に完成。内部を覆うイズニック産の青色タイルとステンドグラスが印象的。



 ブルーモスクの全景。


ブルーモスクの中庭。
くつを脱いで袋に入れてから中に入る。入るときにセキュリティ検査がある。


ドームの内部。

観光客がものすごく多い。



ステンドグラスがすばらしい。



一面に敷かれた絨毯の模様。



ブルーモスクのすぐ隣はアヤソフィア。





ボスフォラス海峡クルーズ

最高の天気で快適なクルーズを満喫できた。ヨーロッパ側を見ながら第2ボスフォルス大橋まで進み、そこで折り返して今度はアジア側を見ながら港に戻った。


貸切の観光船に乗船。
ツアーガイドさんが船のマイクを使って案内してくれた。


ガラタ橋をくぐって、金角湾からボスフォラス海峡に出る。ガラタ橋の下にはレストランやカフェが並んでいる。橋の上では、多くの人が釣りを楽しんでいる。


新市街側に、ガラタ塔が見える。
15年ぐらい前は湾の水が汚かったが、今はきれいになったそうだ。

ドルマバフチェ・ジャーミー
1853年につくられたモスクで、ドルマバフチェ宮殿のすぐ横にある。


ドルマバフチェ宮殿
トプカプ宮殿に代わる近代的宮殿として1859年にできた。その後、現在のトルコの初代大統領アタチュルクの官邸となった。現在も政府の迎賓館として使われている。


チューランパラス
1874年に離宮として建てられたチュラーン宮殿を、1990年に豪華ホテルに改造したもの。一泊50〜60万円ぐらいするそうです。


オルタキョイ・ジャーミー
1854年にたてられたモスク。第1ボスフォラス大橋のすぐ手前にある。


第1ボスフォルス大橋
ここををくぐってさらに進む。


ルメリ・ヒサール
メフメット2世がコンスタンティノープルを攻略するために1452年に建設した砦。


第2ボスフォルス大橋
ここでで折り返す。1988年に石川島播磨重工が建設した。1510m。
ここからはアジア側に沿ってガラタ橋まで戻る。


海峡沿いの別荘
第2ボスフォルス大橋を折り返した付近は、高級別荘が多い。価格は、300〜1000万ドルぐらいするらしい。


アジア側の要塞の跡
手前の建物は別荘。


これも離宮
軍学校。愛国心のため国旗を掲げている。
ミフリマフ・ジャーミー
1548年に皇女ミフリマフのために建てられたモスク。



ベイレルベイ宮殿
1865年に建てられた離宮で、迎賓館として使用された。第2ボスフォルス大橋を経て戻る直前にあった。


乙女の塔(クズの塔)
離れ小島に立つ塔で、灯台や見張り塔として使用された。現在は展望レストラン。



トプカプ宮殿



アヤソフィア



ブルーモスク



クルーズが終わり、下船



グランドバザール


15世紀につくられ、次第に巨大化したバザール。15000円のラクダ皮のベルトが、時間が無いからと戻りかけると、追っかけてきて3000円になった。


トルコのタクシー。



グランドバザール入り口。



内部の様子。通路は迷路のよう。





夕食


オリエント・エクスプレス・レストランでパスタの昼食。「オリエント急行殺人事件」の舞台となった列車の終着駅に、「オリエント・エクスプレス・レストラン」が営業している。


オリエント・エクスプレ・スレストラン
このレストランはプラットホームにつながっている。



ホームに出ると列車がとまっていた。


オリエントエクスプレスに乗ろうとしている日本人のツアー。ギリシャまで行くらしい。

トルコツアー 6日目へ トルコツアー 8、9日目へ トルコツアー 目次へ

   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > トルコツアー(全食事付き 9日間) > 7日目