ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > トルコツアー(全食事付き 9日間) > 8、9日目


  トルコツアー(全食事付き 9日間)  

   8、9日目   


 いよいよ今日が最後の観光日。トプカプの短剣を見るのが楽しみ。


8日目の午前中はイスタンブールで自由行動

ガラタ塔とガラタ橋に行ってみた。

ガラタ塔の方へ行くつもりが、反対のタクシム広場へ来てしまった。しかたなく、トラムに乗ってテュネルまで行く。ここのトラムは観光用なのか、小型で小走り程度の速さ。
ガラタ塔
高さ67m。現在の塔は1338年につくられた。監獄や天文台として使われたこともある。ここからのイスタンプールの眺めはピカイチ。


トプカプ宮殿、アヤソフィア、ブルーモスクが遠くに見える。右端はガラタ橋。


アタテュルク橋
金角湾にかかる橋で、ガラタ橋のすぐ右(湾の奥側)にある。


手前はヨーロッパ側(新市街)。
ボスフォラス海峡を挟んで向こうはアジア側。



金角湾(右側)、ボスフォラス海峡(左側)、マルマラ海(向こう側)。


新市街の町並み。


ガラタ橋の下のレストラン街を歩いてみた。

トルコの若者は人なつっこい。



トプカプ宮殿

12:00にホテルに集合してトプカプ宮殿観光へ。
オスマン・トルコの歴代皇帝が贅を凝らして住んだところ。概観は地味だが、財宝の数々をみればそのすごさがわかる。1持間あまりの観光で、もっと時間が欲しかった。


最初に新市街にある中華レストラン「HONG BIN LOU」で昼食。


表敬の門
トプカプ宮殿博物館の入り口になっている。ここを入ると第2庭園。


皇帝の紋章
表敬の門の上部に掲げられている。


トプカプ宮殿の全体模型
特別な衣装と帽子をつけた男児
トルコでは割礼が一般的で、正式なイスラム教徒になる重要なステップ。ガイドさんもこの割礼をする前に、このような衣装を着たてそうです。


巨大な厨房の跡
何千人分もの食事を作った。今は銀や陶磁器のコレクションの展示館。


ハーレムの入場口に並ぶ観光客
ここは別料金。入りたかったが時間が無くて残念。


正義の塔
トプカプ宮殿で最も高い塔。この下に会議の間があり、不審者の進入を監視していた。


会議の間
国政の御前会議をここで行った。


会議の間は大理石を使用した豪華な造り。

幸福の門
ここを入ると第3庭園で、皇帝の私的スペースになる。


宝物館と衣装展示室(第3庭園内)。すべて撮影禁止。
宝石を散りばめた財宝がうじゃうじゃある。トプカプの短剣はやはりすごい。 感激!   
漁師が拾ったダイヤモンドを、スプーン職人が3本のスプーンと交換して手に入れたという伝説がある86カラットのダイアモンドも見た。


トプカプの短剣
他の財宝と同じようにそれとなく展示してあった。(写真はトルコ観光局のHPから引用)


宝物館の建物はもともとは宮殿の学校だった。


いかにもトルコらしい衣装を着た女性たち。


トプカプとトプカピ。どちらが正しい?

トプカピは英語読み(昔の映画はトプカピだった)。トルコ語の発音はトプカプが正しいらしい。トルコ観光局の日本語のHPもトプカプになっている。


メジディエの館(第4庭園内)
皇帝の離宮で、ボすフォラス海峡を見下ろしながら、のんびりすごした? 見晴らしが抜群。




夕食 → 日本へ

昼食のあと、イスタンブール空港へ。
いよいよ日本へ帰る。

レストランで夕食(最後の食事)。



料理の前にパンパンに膨らんだパンがでてきた。中は空洞。ちぎって食べる。
トルコの見納め (飛行機から)

(トルコツアー おわり)


トルコツアー 7日目へ トルコツアー 目次へ


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > トルコツアー(全食事付き 9日間) > 8、9日目