和気の藤祭りと和気神社

  ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 和気の藤まつりと和気神社


  和気の藤まつりと和気神社   
(2014年5月)

 岡山県和気町で毎年行われている「藤まつり(4月下旬〜5月初旬)」を見てきました。(2014年5月4日)
全国から集めた約100種類、150本の藤が咲き乱れる日本一の藤公園だそうです。
和気といえば和気清麻呂。藤公園に隣接して和気清麻呂を祭った和気神社があり、参拝してきました。


和気の藤祭り
 
 
駐車場から金剛川(吉井川の支流)にかかった橋を渡る。



藤公園jは金剛川沿いにある。
右の方に和気神社の大絵馬が見える。


藤公園までの道路の両側には露店がたくさん出ている。


藤公園の内部。入場料は300円(大人)。


長い房を垂らしたら藤の花。


藤棚の総延長は500mもある。

カメラマンや女性カメラマンが多い。



お茶席もある。



和気神社

藤公園の隣に和気神社がある。
門前にあるのは、狛犬ではなく狛いのしし。和気清麻呂が宇佐八幡宮に参詣しようとしたとき、300頭のいのししが和気清麻呂を護り、危機をすくった。


神社の入口横に岐阜県で発見された「さざれ石」が奉納されている。
「さざれ石」は国歌「君が代」の中にも出てくるが、溶解した石灰石が長い間に小石を凝結して大きな岩になったもので、非情に長い期間を比喩するおめでたい石。霧島神宮でも見たが、神社に奉納されていることが多い。


   
和気清麻呂の像(高さ4,63mの青銅製)。
和気清麻呂は和気町生まれ。
桓武天皇の信任を得て、長岡京の造営、摂津、河内両国の治水工事、平安京への遷都に尽力した。


和気神社の拝殿。 


   
拝殿前にも狛いのししがある。






蛙の石像が奉納されていた。
かえるは縁起のよい動物(三福かえる)。 
  宝かえる(金運 招福)
  無事かえる(交通 安全)
  若かえる(健康 長寿)



日本一の大絵馬(高さ8m、幅10m)。
中央はその年の干支の絵。周囲は清麻呂公ゆかりの絵。町内の事業家の奉納。

 
(終り)



  ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 和気の藤まつりと和気神社