ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > やまなみハイウェイ


  やまなみハイウェイ(男池、桂茶屋)  


(2003年12月)
 12月の初めに九州のやまなみハイウェイに夫婦でドライブに行きました。
3年前にもバスツアーを申し込んで、やまなみハイウェイを通って阿蘇まで行ったが、そのときは小雨が降ったりやんだりで周りは霧で真っ白、景色は何も見えなかった。雨の日の山のドライブほど惨めなものは無いですね!
今回はマイカーなので自由が効くし天気もよく、高原情緒を満喫できて満足。

 湯布院で一泊し、翌日 やまなみハイウェイ(11号線)→瀬の本高原手前の信号を右折→40号線→九重インターチェンジ に戻るというコースをとりました。やまなみハイウェアの途中にある飯田高原で左折してしばらく走り、庄内町にある男池にも行きました。

やまなみハイウエイのドライブルートの図


 男池は、日本名水百選に選ばれている湧き水で、原生林の中の小さな池?の底からこんこんと清水が湧き出ていました。この付近一帯は原生林の散策地として整備されていて、入リ口の小屋の係りの人に「黒岳男池清掃協力金」として一人百円支払います。入口を入ったところに一輪車が置いてあってそれを使って水を運べるようになっているので、水の持ち運びは楽です。。
池は歩いて約3分のところにあり、用意していた20リットル入りのポリタンクに入れて持って帰りました。この付近は、あちこちで良い湧水が出る九重山湧水群として有名らしいです。
男池の取水場の図
男池

岩を抱え込んだ樹木の画像
岩を抱え込んだ樹木(原生林で)

 山並みハイウェイに戻り、瀬の本高原の方に向かいました。道は少しずつ登っており、車の表示パネルに示す外気温度が少しずつ下がっていきます。湯布院を出たときは2℃だったのが、1℃、0℃、−1℃、−2℃となり、一番高所にある牧の戸峠(1330m)でついにー3℃になりました。ノーマルタイヤなので心配だったけど、凍結はしていなかったのでやれやれ。牧の戸峠の後ろにある九住山の樹氷がとても奇麗。登山口から中年?の女性が一人、登山姿で登っていくところでした。

 瀬の本高原手前の信号を右折して国道40号線に入り、筋湯温泉街を通り抜けて少し行くと、九州電力の地熱発電所がありました。蒸気がもくもくと出ており、見学できるようでしたが時間の関係で少し覗いただけ。

飯田高原の眺望

国道40号線を少しずつ下っていくと、広々とした飯田高原が
一望できすばらしい。
 さらに行くと九酔渓という渓谷美で有名なところがあり、そこに桂茶屋という大変はやっている茶店があって、入ってみました。
 びっくりしたのは、そこの従業員の顔が全員狐の顔化粧をして、それがあたりまえのように自然に振舞っていて板についています。そば類は売り切れていて、地鶏うどんを注文すると、「ありがとコン」といっておつりを返してくれました。
 焼き団子(300円)もとてもおいしかった。そこで食事をしたり買い物をすると、すぐ下にある温泉にただではいれるようです。店全体に活気があり、いろいろ工夫していることが窺い知れます。ここを通れば是非立ち寄ってみることをお奨め。

桂茶屋の概観
桂茶屋



キツネの可を化粧をした店員の画像
ありがとコン!

九重インターチェンジから高速道路に入ると、山頂が雪に覆われた由布岳がを右手の目の前に大きく現れました。
由布岳に別れを惜しみながらに広島への帰路につきました。

由布岳の眺望

(おわり)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > やまなみハイウェイ