ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 山野峡の花 > 山野峡の春の花


 山野峡の春の花 



4月14日(2007年)
5月04日(2006年)
5月12日(2007年)


4月14日(2007年)
 駐車場には2台車があり、龍頭峡に行ったのか誰も乗っていませんでした。今回は、車道を通って龍頭の滝入口まで歩き、そこから急な階段を下りて龍頭の滝を見て、その後谷川沿いに下って駐車場まで戻るコースをとりました。


ヤマルリソウ(山瑠璃草、ムラサキ科、花期:4〜5月)
あちこちに咲いて、今までより増えてきているように思います。


ツルカノコソウ(蔓鹿の子草、オミナエシ科、花期:4〜5月)

タチツボスミレ(立ち坪菫、スミレ科、花期:2〜4月)



イチリンソウ(一輪草、キンポウゲ科、花期:3〜4月)
ちょうど盛期なのか、あちこちに咲いていました。


イチリンソウ
ニ輪咲いているけど葉柄があるので一輪草。(二輪草には葉柄がない)
ニ輪草はどこにも見当たりませんでした。

カキドオシ(垣通し、別名:坪草、シソ科、花期:4〜5月)
車道の際に群生していました。
最初は茎が直立しているが、後に倒れて茎が地表を這う。


タカハシテンナンショウ(高梁天南星、サトイモ科、花期:4〜5月)
マムシグサは小葉7〜14枚だがタカハシテンナンショウは5〜7枚。岡山県と広島県だけにしかない。


ヒトリシズカ(一人静、センリョウ科、花期:4月)



ジュウニヒトエ(十二単、シソ科、花期:4〜5月)


ユリワサビ?(百合山葵、アブラナ科、花期:3〜5)
スズシロソウとよく似ている。


ムラサキケマン(紫華鬘、ケシ科、花期:4〜6月)
どこに行ってもよく見かけます。


フウロケマン(風露華鬘、ケシ科、花期:4〜7月)
ケマンの類で黄色の花をつけるのは、西日本ではフウロケマンのようです。図鑑にはミヤマキケマン(近畿以北)は載っているが、フウロケマンは載っておらず、ミヤマキケマンとばかり思っていました。ミヤマキケマンはフウロケマンの変種で、ミヤマキケマンの方が大きくて花も多いらしいが・・・。


フタバアオイ(二葉葵、ウマノスズクサ科、花期:3〜4月)
竜頭峡の遊歩道沿いに群生しています。


キヨスミイトゴケ(清澄糸苔、ハイヒモゴケ科)
竜頭峡の遊歩道沿いで。日陰の樹の枝から糸状に細長く垂れ下がる。


トウゴクサバノオ(東国鯖の尾、キンポウゲ科、花期:3〜4月)
よく似たサンインシロカネソウは、花のツケネの部分が赤色を帯びる。

シャガ(射干、アヤメ科、4〜5月)
まだ咲きはじめで、一輪だけ咲いていました。



5月4日(2006年)

入口から竜頭峡まで谷川沿いに歩き、そこから急な階段をのぼって上の車道に上り、4段の滝を過ぎた付近までいってから引換えし、車道を通って戻りました。

ミツバツチグリ(三葉土栗、バラ科、花期:4〜5月)
テリハキンバイによく似ているが、テリハキンバイは葉に光沢がある。

ヒメウズ(姫鳥頭、キンポウゲ科、花期:3〜5月)
小さくてしおらしい花です。


ホウチャクソウ(宝鐸草)? アマドコロ(甘野老)?
トリガタハンショウズル(鳥形半鐘蔓)ではなさそう。



ミドリハコベ(緑繁縷、ナデシコ科、3〜9月)
よく似たコハコベは茎が紫がかっている。ウシハコベは雌しべが五つに分かれていて、ミドリハコベとコハコベは三つに分かれている。

シャガ(射干、アヤメ科、4〜5月)
花は、朝ひらいて夕方にしぼむ。


珍しい花とおもったのに、どうも 「ラショウモンカズラ」 の花後の姿らしい。 ラショウモンカズラは、葉は対生で葉柄があって心形で鈍鋸歯、葉腋から2〜3個の花を一方向につけ、萼は筒状で15脈あり先端5浅裂とある。花弁と思ったのは萼でした。
花が咲いていないと素人には判りにくい! 


ウツギ(空木、ユキノシタ科、花期:5〜7月)
花は下を向く。葉は対生し、縁に微細な鋸歯がある。卯月に咲くので卯の花とも呼ばれる。


カテンソウ(花点草、イラクサ科、花期:4〜5月)
赤い花がカテンソウです。


イチリンソウ(一輪草、キンポウゲ科、花期:3〜4月)
ニ輪草は見当たりませんでした。


ムラサキケマン(紫華鬘、ケシ科、花期:4〜6月)
どこに行ってもよく見かけます。


ムラサキサギゴケ(紫鷺苔、ゴマノハグサ科、花期:4〜6月)
トキワハゼと思いましたが、斑点がはっきりし、斑点の上の上唇部が二つに割れているので紫鷺苔と思います。


ミヤマヨメナ(深山嫁菜、キク科、花期:5〜6月)
もうすぐ咲きそう。



ヤマアイ(山藍、トウダイグサ科、花期:4〜7月)
日本最古の染料植物。


ラショウモンカズラ(羅生門葛、シソ科、花期:4〜5月)
渡辺綱が羅生門で切り落とした鬼の腕に似ているから羅生門葛。


フウロケマン(風露華鬘、ケシ科、花期:4〜7月)


フタバアオイ(二葉葵、ウマノスズクサ科、花期:3〜4月)
徳川家の家紋(三葉葵)は、この葉が図案化されたもの。ぎっしりと群生していました。


ヒメウズ(姫鳥頭、キンポウゲ科、花期:3〜5月)
花はうつむきかげんで、小さくて愛らしい。


ヤマルリソウ(山瑠璃草、ムラサキ科、花期:4〜5月)
竜頭に滝の上の車道に群生していました。


タカハシテンナンショウ(高梁天南星、サトイモ科、花期:4〜5月)
岡山県と広島県だけにしかないタカハシテンナンショウ。


ヒトリシズカ(一人静、センリョウ科、花期:4月)
葉につやがあります。


ウマノアシガタ(馬の脚形、キンポウゲ科、有毒、花期:4〜5月)
どこにでも咲いています。八重咲きのものもあるようです。(金鳳花)


クサノオウ(瘡の王、ケシ科、毒草、花期:5〜7月)
瘡(丹毒)の治療の特効薬。


タチツボスミレ(立ち坪菫、スミレ科、花期:2〜4月)


ジュウニヒトエ(十二単、シソ科、花期:4〜5月)


シロヤマブキ(白山吹、バラ科、花期:4〜5月)
花びらが4枚(ヤマブキは5枚)で、枝の先に1個ずつ咲く。ヤマブキの白花品種(花びらが5枚)とは属が異なる。


キランソウ(金瘡小草、シソ科、花期:3〜5月)
別名を「地獄の釜の蓋」というそうな。


セントウソウ(仙洞草、セリ科、花期:4〜5月)



ヤマネコノメソウ(猫の目草、ユキノシタ科、花期:3〜4月)
ギッシリと種が出来ています。



5月12日(2007年)
 かわいらしいタニギキョウの花が咲いていました。


タニギキョウ(谷桔梗、キキョウ科、花期:5〜8月)
5〜8mmの小さな鐘形の花がかわいらしい。


ハコベ(繁縷、ナデシコ科、花期:3〜9月)

ジジバリ(地縛り、キク科、花期:4〜7月)
地面を縛るように増えるので地縛り。
同属のニガナは花びらが少なく(5〜7枚)、枝分かれして咲く。
背も20cm〜50cmあり、葉の形も違う。


オドリコソウ(踊子草、シソ科、花期:4〜6月)


ホウチャクソウ(宝鐸草、ユリ科、花期:4〜5月)
花の形が、お寺や仏塔の軒下に吊り下げてある宝鐸に似ている。

カキドオシ(垣通し、別名:坪草、シソ科、花期:4〜5月)
最初は茎が直立しているが、後に倒れて茎が地表を這う。


ミヤマヨメナ(深山嫁菜、キク科、花期:5〜6月)
別名は ミヤコワスレ、ノシュンギク 。ミヤコワスレの原種。


ラショウモンカズラ(羅生門葛、シソ科、花期:4〜5月)
花が羅生門の腕の形に似ている。



マルバスミレ(丸葉菫、スミレ科、花期:4〜5月)


龍頭の滝
山野峡の遊歩道を行き着いたところにある高さ60mの滝。

(山野峡の春の花 おわり)


 ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 山野峡の花 > 山野峡の春の花