ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 柳川雛祭りさげもんめぐり


  柳川雛祭りさげもんめぐり  


(2010年2月)
 
読売旅行のバスツアーで、「柳川の雛祭りさげもんめぐり」を見に行った(2010年2月22日)。参加したツアーは長崎ランタンフェスティバルと柳川雛祭りのセットになっていて、長崎ランタンフェスティバルの翌日に柳川に行った。 柳川のお雛様は、雛壇の周辺に色とりどりの「さげもん」と呼ばれる飾り物をぶら下げるもので、最近では男の子用もあるようだ。
柳川で有名な川下りも体験し、舟の上で定番の「ウナギのせいろ蒸し」も食べた。
冬なのに暖かくてのんびりと散策でき、川下りでは運よく花嫁さんの舟にも会い、水郷柳川を満喫できた。

御花の本館、西洋館

御花は柳川藩主立花家の別邸で、国指定名勝の庭園「松涛園」や、歴代藩主の甲胄、姫君のお雛様やお道具などを展示した史料館がある。今は料亭として使用されているが、観光もできる。入館料(資料館も含む)は500円。

 松涛園。



入り口を入ったところにある雛壇。



大広間の縁側にちょこっと置かれたお雛様。



和室に飾られたさげもん。



和室に飾られたさげもん。



本館内の100畳の大広間。今は宴会場として使われている。



大広間に飾られているさげもん。



西洋館内の結婚式場。


御花の史料館
柳川藩主立花家に伝わる大名道具が多数展示してある。次のような雛壇もあった。

芥子雛段飾り (江戸時代後期)
芥子雛(内裏雛)・三人官女・五人囃子七人雅楽・随人。



有職雛段飾り (江戸時代後期)
有職雛・稚児雛・五人雅楽。



雛調度。おもちゃの台所道具や食器がぎっしり。


女性専用の格式の高い豪華なかご。(藩主夫人用)
黒漆塗りに金蒔絵で唐草の紋が散りばめてある。




水路沿いのさげもんめぐり


柳川水路の中心街。



柳川といえばうなぎのせいろ蒸し。



柳川観光案内所にあるさげもん。



多くのお店にさげもんがかざってある。



柳川出身の北原白秋の生家。記念館になっている。



柳川の河下り

うなぎのせいろ蒸し付きの川下り。
乗った舟は川上りだったが、やはり川下りと言うそうだ。



川下りの花嫁。皆で祝福の声をかける。


川下りの情景。

時々カモが近くを泳いでいた。慣れているのか逃げない。



何かと思えば、建物の窓から記念撮影のカメラが・・・
希望者に販売するよくあるパターン。

一時間jあまりの川下りが終わり、別の乗船場で下船。



   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 柳川雛祭りさげもんめぐり