ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 八幡湿原の花


 八幡湿原の花 


 広島県北西部の芸北町(今は合併して北広島町)にある八幡湿原(ヤワタシツゲン)は、八幡高原に点在する湿原の総称で、尾崎谷湿原、長者原湿原、千町原湿原などがあります。日本の湿原分布のほぼ南限にある湿原で、学術的にも価値の高い湿原だそうです。ただし春先にはツキノワグマもでてくるようなので、要注意。

4月27日(2008年)
8月27日(2006年)



4月27日(2008年)
 八幡湿原の春の花を見に行きました。八幡湿原の春は遅いようでまだ少ししか花はありませんでしたが、それでも尾崎沼湿原ではリュウキンカが満開でした。4〜5組の人がを来ていましたが、早々と引き上げる人が多かったです。


リュウキンカ(立金花、キンポウゲ科、花期:4〜7月)
まっすぐ立った茎に金色の花を付けるので「立金花」。


リュウキンカ
他に何も咲いていない湿原に、リュウキンカだけがぎっしりと咲いていました。


ショウジョウバカマ(猩々袴、ユリ科、花期:3〜4月)
新川ため池を一周しましたが、遊歩道のあちこちにたくさん咲いていました。


チャルメルソウ(哨吶草、ユキノシタ科、花期:4〜6月)


アマナ(甘菜、ユリ科、花期:3〜4月)
日当たりのよい道路沿いの斜面にいっぱ咲いていました。


オランダガラシ?(和蘭芥子、アブラナ科、花期:4〜7月、別名クレソン)


エンレイソウ(延齢草、ユリ科、花期:3〜4月)


ミヤマカタバミ(深山傍食、カタバミ科、花期:3〜4月)
日が当たり始めたところなので、葉がまだ閉じています。


ネコノメソウ(猫の目草、ユキノシタ科、花期:3〜4月)
ネコノメソウは葉が対生。ヤマネコノメソウは葉が互生。


ヤマエンゴサク(山延胡索、ケシ科、花期:3〜4月、毒草


タチツボスミレ(立坪菫、スミレ科、花期:2〜4月)


カキドオシ(垣通し、別名:坪草、シソ科、花期:4〜5月)
どこにでもありますねえ。



8月27日(2006年)

 尾崎沼湿原を中心に湿原の花を見てきました。尾関沼湿原は、尾関沼(新川ため池)の奥の方と、池の下側とに湿原があります。新川ため池の下側にある湿原では、ちょうどスイレンやハスが満開で一番よい時期でした。牧野富太郎句碑のある付近の湿原にも多くの花が咲いていましたが、とにかく広いので一度にはとても見て回ることはできません。


尾崎沼湿原の入口付近に立っている掲示板の地図。


新川ため池の下側にある広い湿原の全景


アギナシ(顎無、オモダカ科、花期:8〜10月)
葉が矢尻に似た形状をしていて、オモダカの葉に似ている。 


コナギ(子水葱、ミズアオイ科、花期:9〜10月)
小さいナギ(ミズアオイの古名)の意からコナギ。東南アジア原産の帰化植物でやっかいな水田の雑草であったが、除草剤が使用されるようになってから少なくなってきている。

オオケタデ(大毛蓼、タデ科、花期:8〜10月)
茎などに毛が多い大形の蓼なので大毛蓼。別名は大紅蓼。東南アジアからの帰化植物。


ヒレハリソウ(鰭玻璃草、ムラサキ科、花期:7〜8月)
上部の葉が茎に翼のようについているのでヒレハリソウ。別名はコンフリー。ヨーロッパ原産で明治時代に牧草として輸入された。その後薬用、食用として広く栽培されたが、最近肝障害を起す例が多数報告され、毒草になってしまった。


ハス(蓮、スイレン科、花期:7〜8月)
朝花が開いて数時間で閉じ、4日目に散る。原産地はインド。花は水面より高く咲く。葉には光沢が無く撥水性があり、葉が水面より高く上がる(立ち葉)。葉が水面に浮く浮き葉もある。


ハスの花の全景




スイレン(睡蓮、スイレン科、花期:6〜9月)
和名はヒツジグサ(未草)。日本のスイレンは小形のヒツジグサだけなので、一般にはスイレンと総称されている。ヒツジグサは鯉が窪湿原で見ました。 ヒツジグサの名は未の刻(午後2時)に咲くので未草。実際には午前中から咲き、夜は閉じる。


スイレンの花の全景
スイレンの花は水面に浮かぶように咲く。葉には光沢があって撥水性が無く、水面に浮く。また葉に切れ込みがある。


カキツバタ(杜若、アヤメ科、花期:5〜6月)
春のですが、ここではまだちらほらと咲いていました。
良く似たノハナショウブは葉の中脈が盛り上がっており、花びらにある筋も黄色い。


ゲンノショウコ(現の証拠、フウロソウ科、花期:8〜10月)
八幡高原のあちこちで見かけました。


ビッチュウフウロ(備中風露、フウロソウ科、花期:8〜9月)
湿原のあちこちにたくさん咲いています。


ミゾソバ(溝蕎麦、タデ科、花期:8〜10月)
ミゾソバの葉の形状は牛の額に似る。よく似たママコノシリヌグイの葉は三角形で先が尖る。アキノウナギツカミの葉は細長い。


イボクサ(疣草、ツユクサ科、花期:9〜10月)
この草をもんで疣につけると疣がとれるということから疣草。実際には効能はないらしい。


コウホネ (河骨、スイレン科、花期:6〜9月)
根に葉柄のついていた痕跡が無数にあって、それが人間の背骨に似ているので河骨。


ヌマトラノオ(沼虎の尾、サクラソウ科、花期:7〜8月)
オカトラノオは花穂が曲がっているが、ヌマトラノオは花穂が立っている。


キンミズヒキ(金水引、バラ科、花期:8〜10月)
あちこちの道端に咲いていました。


ヒヨドリバナ(鵯花、キク科、花期:8〜10月)
フジバカマは葉が3裂するのでわかりやすいが、ヒヨドリバナ、サワヒヨドリ、ヨツバヒヨドリの区別がいまいちわかりません。


サワヒヨドリ(沢鵯、キク科、花期:8〜10月)
日当たりのよい湿地に生え、葉は対生(輪生することもあり)し、茎の上部以外は枝分かれしない。ヨツバヒヨドリに似ているが、ヨツバヒヨドリは近畿以北に分布。


アサザ(浅々菜、阿佐佐、ミツガシワ科、花期:6〜8月)
花は水面より高く咲き、朝開いて午後にはしぼむ。葉はほぼ円形で水面に浮く。


オグルマ(小車、御車、キク科、花期:7〜8月)
舌状花が放射状に並んだ姿が車輪に似ている。


アカバナ(赤葉菜、赤花、アカバナ科、花期:7〜8月、湿地)
夏が過ぎると葉が赤くなる。

 

コバギボウシ(小葉擬宝殊、ユリ科、花期:7〜8月)



アキノタムラソウ(秋田村草、シソ科、花期:7〜11月)
雄しべの花粉がもちさられた後、雌しべが伸びて先が二つに分岐し、柱頭が現れる。よく似たナツノタムラソウは雄しべが突き出ていて、葉の上面に毛がある。


シラヒゲソウ(白髭草、ユキノシタ科、花期:8〜9月)
花弁の縁が白い髭に見えるので白髭草。葉はハート形。


ミソハギ(禊萩、ミソハギ科、花期:9月)
ハギの名前がつくがマメ科ハギ属ではない。昔、禊に使ったので禊萩。


ツリフネソウ(釣船草、ツリフネソウ科、花期:8〜10月)


オミナエシ(女郎花、オミナエシ科、花期:8〜10月)


ミヤマママコナ(深山飯子菜、ゴマノハグサ科、花期:8〜9月)
花の下唇に飯粒が二つついているように見えるので飯子菜。


サギソウ(鷺草、ラン科、花期:7〜8月)
尾崎沼湿原の一番奥の遊歩道沿いに咲いていました。


サワギキョウ(沢桔梗、キキョウ科、花期:8〜9月)


コオニユリ(小鬼百合、ユリ科、花期:7〜8月)
日当たりのよい湿り気のある山地に生える。花は下向きで暗紫点があり、花びらは強く反り返る。


尾崎沼(新川ため池)の全景。
池を一周するように遊歩道がついています。


コバナノワレモコウ(小花の吾木香、バラ科、花期:8〜10月)
花序は淡緑を帯びた白色。近畿地方以西に分布。



ナガボノアカワレモコウ(長穂の赤吾木香、バラ科、花期:9〜10月)
コバナノワレモコウの変種で全体に大形で、花序も太く紅紫色。
ナガボノシロワレモコウ(長穂の白吾木香)は花穂が下に垂れ、関東以北に分布。


マツムシソウ(松虫草、マツムシソウ科、花期:8〜10月)


ツリガネニンジン(釣鐘人参、キキョウ科、花期:8〜10月)
花茎、葉が輪生し、花柱が長く突き出るのでソバナと区別できる。
サイヨウシャジン(細腰沙参。ツリガネニンジンのは母種)との区別は難しいが、花柱がもっと長い。


牧野富太郎句碑
故牧野富太郎博士は昭和初期に2度に渡って八幡湿原を訪れ、目の前に拡がる満開のカキツバタに感激したことを俳句に詠んだそうです。


キセルアザミ(煙管薊、キク科、花期:9〜10月)
別名 マアザミ。花がうつ向きに咲く姿が煙管に似ているから煙管薊。


クサレダマ(草連玉、サクラソウ科、花期:7〜8月)
腐れ玉ではない。低木のレダマ(連玉)という木の花に似ている草ので草連玉。実際には色が似ているだけで花の形は似ていない。


ヒルガオ(昼顔、ヒルガオ科、花期:5〜8月)
アサガオは午前中にはしぼんでしまうが、ヒルガオは夕方まで咲く。


オミナエシ(女郎花、オミナエシ科、花期:8〜10月)
こんなにたくさんの群生をみたのは初めてです。

ワルナスビ(悪茄子、ナス科、花期:6〜10月)
北アメリカ原産。さすがに繁殖力が強い。

(おわり)


ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 八幡湿原の花