ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 寄島のアッケシソウ



  寄島のアッケシソウ   


2008ー10-30

 去年、寄島のアッケシソウを見に行ったときは、すでに紅葉は終わっていたので今年は早めに見に行きました。
ところがことしも少し遅かったようで、見に来ていた人の話によると一番よい時期は10日ぐらい前だったらしい。それでも一部に紅葉が残っていたので、アッケシソウの紅葉を初めて見ることができました。
 寄り島のすぐ西隣、笠岡市の干拓地にある太陽の広場)でも少ですがアッケシソウを見ることができます。いままでは無かったのにと不思議に思っていましたが、どうも去年どこかの学校の先生が移植されたようです。こちらのアッケシソウは、まだ緑と赤の色が混在していました。
寄り島のアッケシソウ
たまたまアッケシソウの管理をされている方がバイクで見にこられたので、話を聞いてみました。寄島干拓地のほとんどは盛り土をしてあるが、この付近は盛り土をしてないのでアッケシソウが残ったようです。発見当初はアッケシソウは少ししか自生していなかったが、葦を取り除く作業を4〜5年行ってかなり広がったそうです。写真のあちこちに突きさしてある棒は、毎年どこまで広がったかを示す印。
なお、アッケシソウは1年生で種で増え、稲の花のような花が咲くそうです。

アッケシソウ一番多く自生している場所。柵がしてあり、中に入ることはできない。
一部赤いところが残っているものの、紅葉はほとんど終わっている。




干拓地の三ヶ所にアッケシソウの群生地がある。
右上とは別のところでは、まだ少し紅葉が残っていた。


緑から赤まで色が変化していて、とてもきれい。

 笠岡のアッケシソウ
笠岡干拓地のアッケシソウは移植されたもの。

笠岡干拓地のアッケシソウの全景


まだ緑色が残っている。寄り島のすぐ近くなのにこちらは紅葉が遅い。


溝を掘ってあるところに並んで生えている。




2007ー12-02

 テレビで寄島(岡山県浅口市)のアッケシソウという珍しい植物が真っ赤に紅葉しているところを放映していたので見に行きました。(2007年12月2日)
寄島干拓地の一文字堤防に沿って歩いていくと、堤防の中央付近の干拓地にありました。絶滅危惧種TB種に指定されている貴重な植物で、本州ではここにしかないようです。テレビでは真っ赤だったのに、行ってみると既に紅葉は終わっていました。だいぶ前の映像だったのか・・・
 
寄島干拓地の海に近いところにあるアッケシソウの群生。
画像は一文字の堤防の上から撮ったもので、中央部は水路。水路の向こうにも堤防があって、画像では見えないがその向こうは広大な干拓地になっている。
干拓地は長いこと遊休地になっていたが、最近いろいろな建物が建ち始めている。
それにしてもどうして干拓地に珍しい植物が群生しているのかなあ・・・




紅葉はとっくに終わっていて茶色になっていた。
来年もう少し早く見に来てみたい。

北海道東部の厚岸町で発見されたので、アッケシソウ(厚岸草)と命名された。
アカザ科アッケシソウ属。塩湿地に生育する。


掲示板によると平成16年に寄島町の天然記念物に指定されたようだ。







寄島は三郎島で有名。
海岸からすぐ近くに三つの小さい島が行儀よく並んでいる。

12月に入ったというのに今日は小春日和で、春の海のようにおだやかな海景色でした。


(おわり)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 寄島のアッケシソウ